特定調停について|安全な消費者金融

特定調停は毎月収入があることが条件

債務整理の中に特定調停というものがあります。
この特定調停は行う人も少ないので、知らないという人も多いでしょう。
ここでは特定調停について詳しく紹介するので、知識として知っておいてくださいね。

 

特定調停とは、簡易裁判所を仲介役に入れて債権者と債務者に話し合いをさせることです。
話し合いの内容はもちろん借金のことですが、特定調停の場合は借金を減額することを目的とします。
任意整理とよく似ていると思った方も多いでしょう。
しかし任意整理は仲介役を入れずに交渉を行います。
特定調停は簡易裁判所が間に入るので、話もスムーズにいく可能性が高いです。

 

この特定調停を行うには、減額後の借金を約三年以内に完済する必要があります。
つまり毎月安定した収入がある人でないと、特定調停を行うことはできないのです。
特定調停を行い際は仕事をしていることが前提だと思っておいてください。